個人で住宅設計~夢のマイホームはこだわをギュギュッと~

こだわりの部分

建築会社を選択する際にはなぜその会社を選んだかを明確に

住宅を購入する際に注文住宅を選択する人の多くはデザインなどこだわりが強い人が利用する建築方法です。注文住宅ではより個性的な住宅を建築することができるのです。とはいえ注文住宅が建築できる建築会社の中でも設計事務所などほぼ法律以外の制約がない建築会社からハウスメーカーなど注文住宅といえどある程度制限がある建築会社まで会社によって特徴があります。まずはどの建築会社で住宅を建築するのか、なぜその建築会社を選択するのかを明確にする必要があります。この時に提示された費用を基準にするのもよいのですが理想を実現できる材料で家ができているか、設計に要望がきちんと反映されているか、担当者が信頼できるかなど多角的に見て建築会社を決める必要があるのです。

建築会社を絞る際にはまずは工法や使用する材料を決める

設計事務所を選択する場合は少し状況が異なりますがハウスメーカーや工務店で住宅を建築する際には一社のみと商談を行うのではなく2,3社程度の複数社と商談を行うことで建築会社の競争意識が働きます。競合がいることで自社で契約してもらうために値引きやサービスで設備を増設したりグレードアップするなど施主にとってメリットになることもあるのです。 ハウスメーカーなどを検討している場合複数社と商談をすることが大切といいましたが、できたら同じような工法、構造材を使用しているメーカーを競合とするべきなのです。そうすることで費用の比較がしやすいのです。たとえば木造住宅と鉄骨住宅を提供している建築会社で同時に商談を進めても費用面でも比較がしにくいですし工法や特徴が異なるのでより住宅に関する知識が必要になるのです。